忍者ブログ
大chanの日記的な何か。
[720] [719] [718] [717] [716] [715] [714] [713] [712] [711] [710]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10/1(水)の日記。

---

2000年9月1日。
大学1年の夏休みだった。

友人に連れて行ってもらったライブが、
今の俺の一つの始まりだと思える。

渋谷屋根裏、MONG HANG 企画「紅茶キノコvol.4」。
MONG HANG ワンマンライブ。

この日のステージは、8年経った今でも、
記憶の映像として脳内に鮮明に残ってる。
俺の人生の「ライブハウス」「アングラ志向」は間違いなくこの日に始まった。www

俺の中ではもう「好き」とかって感情を通り越して、殿堂入りしちゃったバンドである。
CDの発売日にCD屋に買いに行くのも、このバンドくらいだった。w

その MONG HANG のドラマー、タナカアツシさんが、
2008年8月9日、不慮の事故にて急逝。

四十九日である10月1日、
タナカアツシさんの実家である千葉の八街で、
追悼ロックフェスが行われた。

タナカアツシさん追悼八街ロックフェスティバル。

何があっても行かなきゃならん!と思い、
会社を全休したものの、
最近の連日の激務にへこたれ寝坊、
途中立ち寄った店でのゴタゴタ(文房具屋のおばあちゃんが値段わからなくて俺が調べたりw)、
そして小田急線の遅延なども重なり、
開演12時から2時間半以上遅れての到着。。。orz
すんませんでした。。。orz
# 小田急線5分の遅延は、八街で30分くらいの遅延になっちまった。
# あっちは電車の本数少ないから。。。

メガ武士や、プライベートアーミーのあとまく達も来ており、合流。

実家の庭でロックフェス、、、って、どんな風になるんだ?
と思っていたが、
広い庭にしっかりとステージセットを組み、
少々曇ってはいたが、心地良い屋外で、
行き慣れたライブハウスのような雰囲気があった。

しかも出演するメンツが豪華すぎてすげぇ。w
グッドマンでも1日で見られないようなスーパーステキメンツ。w

ビールを飲みながら、八街名産ピーナッツを頬張りながら、
出演者もスタッフも客も全員ニコニコしながら、
暖かい時間が流れていったのだ。
なんか夢の中にいるような、フワフワした空間だった。

そうこうしているうちに日も暮れて、辺りにキャンドルが灯る。
呑み渋ってはいけないと思い、ビールや日本酒をだいぶ入れる。

オレンジ色の装束集団が登場し、MONG HANG の演奏が始まる。
正直、だいぶ酔っ払っていたので、記憶はほとんど無い。
ただただ、「泣く」と「笑う」をマルチタスクに実行しながら、
日本語でも、どこの国の言葉ですらも無い MONG HANG 語の歌詞を、
まるで歌詞の意味を知っているかのように、感情を込めて一緒に歌った。

MOCOWAKAの途中、ステージとは反対方向に設置されたスクリーンに、
アツシさんのドラムソロ映像が映る。
「あっちゃーん!!!」「アッチャーン!!!」と、
思い思いに歓声を贈る客達。

そして最後の曲、DEBAKATAでは、
アツシさんのドラム音源との演奏となった。
俺も「デーバーカーター!!!」と合唱してきました。
この気持ちが空へ届けとばかりに。

八街の夜空にアツシさんのドラムが響き渡りました。
アツシさんとはだいぶ前に一言二言だけ会話を交わしたことがあるだけで、
アツシさんは俺の事全く覚えてないだろうけど、
その渋いドラミングが本当にかっこよくて、大好きなドラマーでした。

ずっと以前にどこかで聞いたような気がする。
MONG HANG というバンド名の意味は、
確か、「友情」とか、そんな意味だったと。
# あれ、記憶違いかな。(^^;

でも、そんな意味がとてもふさわしく思える、
非常に暖かいロックフェスでした。
出演者もスタッフも客も、全力で楽しんで追悼したと思う。

御冥福を心よりお祈りしています。



<出演>
PHEWWHOO
マッハデシリットル
MUSIC FROM THE MARS
アオチン&マッキー
KOVACS
PANICSMILE
タテタカコ
ヤブキタカユキ
CHERRYBLOSSOM
くりわたはし

MONG HANG

片山省吾
赤犬アキラ

MONG HANG feat.Drummer :
ウキ(ex.MONG HANG, MELT-BANANA)
オータコージ(曽我部恵一BAND)
Taichi(Stim, ORQUESTA NUDGE! NUDGE!)

<映像>
矢吹和彦(kikyu)

<名誉スタッフ>
カタヤマン

http://www.dadasounds.com/yachirock/
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
管理ツール
Live Schedule

2008.08.17(Sun)
けぶりかす
横浜B.B.Street
"ヒカリサス"
w/ Bird Meets Beach, the MDK's, 進藤(仮), SPIRAL
open/18:00 start/18:30
前売\1500+1Drink(¥500)
当日\1800+1Drink(¥500)

2008.08.19(Tue)
けぶりかす
三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
詳細未定

2008.09.18(Thu)
けぶりかす
西荻窪TURNING
詳細未定

>>> Past Live <<<

最新コメント
[01/03 てっぺい]
[01/03 てっぺい]
[01/01 マシーコ]
[01/01 大谷]
[01/01 大谷]
[01/01 241chan]
[12/30 メガ]
プロフィール
HN:
大chan
年齢:
36
HP:
性別:
男性
誕生日:
1981/01/30
職業:
プログラマー
趣味:
音楽、ラーメン二郎
自己紹介:
参加したバンド(サポート含む)
・NIHILISM
・Mis Understanding Man
・Wednesday Babee Sit
・シャーン系
・肉
・ヘルパンダ
・オオタニT (オータニT)
・タジマ&大chan
・けぶりかす
・狂武士
バーコード
ブログ内検索
大chanへメールを送る

チケット予約やライブ告知、
二郎や飲み、カラオケの誘い等に、
以下のメールフォームを御利用下さい。

メールフォーム