忍者ブログ
大chanの日記的な何か。
[24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自転車に乗って、ただいま~!と舞台に登場してきた妄人文明。
皆様、昭和の家庭のような古き良きアットホームな姿をしています。
ランニングシャツ一丁やら、パジャマやら、白い割ぽう着(?)やら。。。

舞台の広いコタツを囲むように座り、
どうやら夕飯の時間のようです。

踊り子っぽいナリの女性3人がコタツステージの上に登ってダンス!!!
バックはノリノリのロックンロール生演奏だぜ!!!

ひとしきりダンスが終わるや否や、炊飯器や鍋が登場!

炊飯器がライブに登場したのって、
過去に、ばちかぶりの田口トモロヲが、炊飯器の炊けたご飯の中にンコした、
という伝説しか思い当たらないんだが。w

閑話休題。
舞台は昭和っぽい家庭の夕飯なので、普通にごはんです。
お母さん役の人がごはんや味噌汁をよそったりして配っていきます。

多分、家族が夕飯を囲みながら、テレビを見ている風景なのでしょう。
先ほどのダンサーの一人がコタツの上に上り、
マリオ風のTVゲーム、冬の日本海的失恋ドラマ、
ハードボイルドな洋画っぽいヤツ、野球中継等々を表現するダンスを、
目まぐるしくシーンを変え、繰り返す事によって、
せわしなくTVチャンネルをザッピングする様子を表現しています。

これ、バックもほぼ(全部?)生演奏。
すげー。プログレだ。w
演奏も曲もクオリティタカス!!!

最後は、ちょっとムーディー系おのろけドラマ的な展開で、
ストリップまがいなダンスに。w
お客さんに小学生のお子様とかいらっしゃったようですが刺激強くないですかねぇ。w

案の定、エロい展開に、
妄人一家の坊主頭でランニングに短パンジャージの小学生役(?)の人が興味を示し、
家族とテレビの付け消し合戦(?)に。

しまいにゃこのジャリっ子小学生とお色気ダンサーとの追いかけっこ。
このジャリっ子、頭に十円ハゲがあったけど、
あれ、多分ホントに剃ってた。恐るべし役者魂!!!

途中でジャリっ子のお腹が下ったのか、唐突に追いかけっこも終わり、
苦しんだようなジャリっ子の踊りで次の展開へ。

途中、MONG HANG の 3rd Album「DEBAKATA」の1曲目のような展開があり、
ほんとにモンハン出てきそうだった。w
生演奏はほんとしびれる。テラカッコヨス。

気が付くとまた妙チキリンな格好をした人たちが、
ジャリっ子のバックでグルグルグルグルとコタツの周りを回っている。
さっきのお色気ダンサーも背中に小さいコタツを背負いながら登場し、
舞台中央でうずくまって布団で体を隠せば、さながら本物のコタツに変身。w

あなたはティターンズの可変モビルスーツか!!!w
しかもアッシマー系の。

こうしてジャリっ子とアッシマーのダンスへ。
アッシマーはMS形態とMA形態を目まぐるしく変えながら踊る。

クライマックスも近づくと、今度は照明が天井の方へ昇っていく。
と同時に、コタツステージの布団が照明と紐でつながれていて、
布団が連動して上に持ち上がっていく!!!

登場といい、ほんとに会場の特性まで使い尽くそうとする姿勢に脱帽。
あ、僕ニット帽は被っていましたけどね。w

コタツステージの布団の展開、ジャリっ子の苦しんだようなダンスに合わせ、
バックの演奏もなにやら壮大な曲に変わっていく。
これまたボーカル(?)の人が、すげー歌上手いんだわ。。。
悲壮感あり、神聖でもあり、壮大な曲の前で繰り広げられるのは、
昭和の家庭の台所での一幕。

この、場面は変わらないんだけど展開があって、
それらが必要以上に壮大な曲をバックに繰り広げられる感じは、
押井守監督のOVA「御先祖様万々歳!」を彷彿とさせるなぁ。w

エンディングは力尽きたようなジャリっ子とMA形態のアッシマーが、
モンハンのエンディングのような、宗教感を匂わせる壮大な曲にあわせて、
コタツステージの布団の中に消えていく。。。

何が起こっているのかわかんないけど、
なんだかとにかく切ない場面だ!!!
さながらベルばらのオスカルが力尽きたときのような。。。w

大感動のエンディングも終え、テンションMAXの最中、
最初から隅っこに座っていただけだった人(これもポイント高いな。。。)が吹いたホイッスルを合図にして、
またみんなで自転車に乗って、いってきまーす!と退場していきました。w

いやぁほんとに面白いものを見させてもらいました。
この、なんつーの?音楽とダンス(演技)の組み合わせ、
しかも壮大な曲と昭和の台所という、一見不釣合いなシュールな組み合わせがもたらす面白さは、
自分の好みのドツボでありました。
ほんと、いいなぁ、こういうの。ある程度予想はできていたけど、
予想の延長線上にK点越えされた感じで、
爽快感すらありました。w

しかも、この、川崎市民の憩いの場所的な市民ミュージアムで、
だいぶアングラなことやってくれたところも爽快感アップですね!
これで1500円は、こちらが申し訳無くなってしまう程安杉!!!
それと、普通、劇団とかなら、こういうのって、4日~1週間とかで公演すると思うけど、
この公演はどうやら本日のみ(?)のよう。
今のところ複数日公演や追加公演の情報も無いし。。。

川崎市民よ、家でヌクヌクとテレビとか見ている場合じゃないですよ、ほんと。
こういう人たちがもっとどんどん表舞台で評価されるようになって欲しいと心から思います。

そして、こんな面白いものに誘ってくれたザキさんにも感謝。ありがとね。
次も絶対見に行きたいわ!

なにぶん、文章が稚拙なもので、
感想じゃなくて、順を追ったレビューみたいになっちゃいました。(^^;
でも、それだけ、どこを切ってもツッコミどころ満載のステージを楽しめたってことです。
妄人文明さん、応援しています。がんがってください!!!
PR

コメント
昨日は楽しかったよ、まじ
個人的にも、ものすごく有意義でした!
それよりも、そーときたみたいね、妄人文明!!なによりっ
また行きませう
【2007/01/14 05:52】 NAME[おやすみやざき] WEBLINK[] EDIT[]
Re:昨日は楽しかったよ、まじ
おう。誘ってくれてありがとう。
じゃ、二郎行ってくるわ。w
【2007/01/14 05:54】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
管理ツール
Live Schedule

2008.08.17(Sun)
けぶりかす
横浜B.B.Street
"ヒカリサス"
w/ Bird Meets Beach, the MDK's, 進藤(仮), SPIRAL
open/18:00 start/18:30
前売\1500+1Drink(¥500)
当日\1800+1Drink(¥500)

2008.08.19(Tue)
けぶりかす
三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
詳細未定

2008.09.18(Thu)
けぶりかす
西荻窪TURNING
詳細未定

>>> Past Live <<<

最新コメント
[01/03 てっぺい]
[01/03 てっぺい]
[01/01 マシーコ]
[01/01 大谷]
[01/01 大谷]
[01/01 241chan]
[12/30 メガ]
プロフィール
HN:
大chan
年齢:
36
HP:
性別:
男性
誕生日:
1981/01/30
職業:
プログラマー
趣味:
音楽、ラーメン二郎
自己紹介:
参加したバンド(サポート含む)
・NIHILISM
・Mis Understanding Man
・Wednesday Babee Sit
・シャーン系
・肉
・ヘルパンダ
・オオタニT (オータニT)
・タジマ&大chan
・けぶりかす
・狂武士
バーコード
ブログ内検索
大chanへメールを送る

チケット予約やライブ告知、
二郎や飲み、カラオケの誘い等に、
以下のメールフォームを御利用下さい。

メールフォーム