忍者ブログ
大chanの日記的な何か。
[283] [282] [281] [280] [279] [278] [277] [276] [275] [274] [273]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7/28(土)の日記のつづき。
長々と書いてきましたが、
多分次くらいで終わると思います。(^^;
写真も稚拙でスマソ。。。orz

あと、昨日ターニングに足を運んでくれた皆様、
ありがとうございました!

---

モノレールの流通センターで下車。
俺とメガ武士だけかと思ったら、
他にも若干名降りていた。

無駄に明るい駅を抜けると、人の体温を感じられない闇。空間。
休日の夜の平和島。

空には、満月に一歩届かない月。
時折目の前を走り去るトラックは、
もしかしたら人の乗っていない、ただの景色だったかもしれない。



更に奥に進むために橋を渡る。
橋から下を見下ろすと、
運河は光を吸収するような黒い水をたたえている。

そうやってだだっ広い無機質な景色を眺めていると、
おや?
目の端でなにやら動くものが。。。

ネコにゃんである。


橋の下にある足場(?)みたいなところに、
にゃにゃにゃにゃんと出て来ては、我々を見つめる。

可愛い。(*´Д`*)
しばし撮影大会が開催される。w

しまいにゃもう一匹、にゃにゃにゃにゃんと出てきたが、
とりあえず平和島の奥へ奥へと歩を進めて行く俺たち。

臨海斎場を通り過ぎ、コンビニで更にアルコールを手にし、
大田スタジアムに向かう。

大田スタジアムは去年の秋頃、
ドラムコーを観に行ったことがあった。
あの日も休日の平和島、しかも突き抜ける青い空の真っ昼間で、
この上ない散歩日和だった。

こうして酔っ払いながら再び訪れた大田スタジアムは、
ライトが点いていて、中では野球か何かの練習が行われているらしかったが、
客席へのゲートがどこも開いていない。

普段スポーツに全く興味の無い俺だが、
こういういつもと違う状況の時には、いつもと違う気分になるもんだ。
練習でもいいからスポーツを観に、ビール片手に客席に入りたかったなぁ。

それでも入れるところは無いかと、
往生際悪くスタジアムの周りをぐるぐる回っていると、
閉じられたゲートの向こう側に、またまた鎮座ましますのは、ネコにゃん。

なんだかネコにゃんが多いなぁ。平和島。
とりあえずゲートの向こう側にいるネコにゃんに向かい合って、
アグラをかいて飲み会を始める俺たち。
完全に酔っ払いのオジサン状態。w



しばし二人と一匹の飲み会となっていると、
そこに現われたるは、おばちゃん。

「呼んでも返事しないと思ったら、ここに居たのね。この子は耳が悪いのよ~。」

と言いながら、牛乳やキャットフードを与え始める。

問わず語りに彼女が言い出した、ネコにゃんがゲート内に居る理由は、
非常にショッキングなものだった。

なんでも、飼い犬に狩りを教え込んで、
この辺りのノラ猫を襲わせている人がいるらしい。
それで、スタジアムのゲート内に、ネコが避難するようになった、というのだ。

知らぬが仏とはよく言ったもんだ。
確かにここに来るまでネコが多く、
何も知らない俺たちはただ萌え萌えしていただけだったが、
平和島はネコにゃんの楽園ではなかったらしい。
ネコの視点から見ればそこは荒んだ世界だったのかもしれない。
真偽は定かではないが。。。

確かにこれだけネコが多いのも、
もともとの原因は捨て猫なのかもしれない。

一方的に可愛がる。
一方的に捨てる。
そしてさらに、捨てられたかもしれないネコを一方的に可愛がる俺たち。

人間って何なのだろうか。
何故、綺麗事だけで生きられないのだろう。

それでもネコが魅力的なのは、
そんな過去、運命、業などを超越して、
気ままに、あるいはふてぶてしく、あるがまま成すがまま、
行雲流水のように人の目に映るからなんだと思う。

少なくとも、俺は。

おばちゃんは、ここいらから、お台場の方(!)に向かって、
180匹(?)にも及ぶネコにゃんにエサを与えているとのこと。

ネコや生き物を粗末にした知人が、重症を負った。
ネコや生き物を大事にしていた自分は、治らないはずの病が治った。
だから私はいつまでも出来る限りのことをして、
生き物を大事にしていくつもりなの。

おばちゃんはそう言って、平和島の夜に消えていった。

ネコを襲う。ネコの世話をする。
どちらも人間の所業で、そこにそれぞれの人生が絡んでいるわけだが、
もし、どちらも無かったとしても、
ネコはやっぱりネコなんだろうな。

と思ってみた。

それを"ドラマ"と言って片付けるのは非常に無責任な気がしたし、
それで良いのだ、とも思った。

その行動の対象がたまたまネコだっただけで、
人は、自分に対して、アクションしているんだ。
いつだって。

たぶん隣でメガ武士も、いろいろなことを考えては、
答えを出したり、出せなかったりしていたんだろうと思う。

とにかく俺たちは、平和島の夜をもっと奥へ進むことにした。
また何か、新しいもの、知らなかったものに、出会える気がした。

そうしてスタジアムを離れた直後に、またネコにゃん。



「おい、こんなところで寝っころがってると、犬に襲われるぞ!」

と忠告しても、コイツは俺らに腹を見せてゴロゴロするだけだった。

今しがた、ショッキングな出来事があったばかりだというのに、
やはり俺たちには、萌えることしかできなかったのであった。
PR

コメント
猫にゃんども
>それでもネコが魅力的なのは、
>そんな過去、運命、業などを超越して、
>気ままに、あるいはふてぶてしく、あるがまま成すがまま、
>行雲流水のように人の目に映るからなんだと思う。

その通りだなあ!

ペットを飼うってのはそれだけで人間の傲慢が前提にあるっつーか、きれいごとじゃない部分がその時点であるよね。その自覚がないうちにペットを飼うと、ペットがかわいそう。
えさおばちゃんも(猫がかわいそう、とかより)自分のためって言ってけど、より正直な感じがしたな、えさをやる動機としては。
【2007/08/04 14:51】 NAME[メガ] WEBLINK[] EDIT[]
Re:猫にゃんども
>ペットを飼うってのはそれだけで人間の傲慢が前提にあるっつーか、
>きれいごとじゃない部分がその時点であるよね。
>その自覚がないうちにペットを飼うと、ペットがかわいそう。

だいたい「ペット」って言い方からして人間本位っつーか。
「首輪」っていう存在からしてあまり納得いっていないのだけども。

でも、人間本位だからこそ俺たちは人間だし、
自然にとって不自然なことをやることが既に自然だし、
結果や歴史っつーのは常に一つだから、
地球温暖化で水没しようが、戦争で核の冬が来ようが、
そんなことをしてはだめだと立ち上がろうが、
どれもこれも、あるがままの姿ってことなんだろうな。

と最近思うようになった。

迷わず行けよ、行けばわかるさ。
宇宙の真理は猪木理論です。

お、なんか歌詞になりそう。。。w


>えさおばちゃんも(猫がかわいそう、とかより)自分のためって言ってけど、
>より正直な感じがしたな、えさをやる動機としては。

なるほど、そうだねぇ。

ネコにエサを与えて、逆に不幸になったとしても、
続けるのなら、ネコ愛なのかねぇ。
【2007/08/12 07:45】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
管理ツール
Live Schedule

2008.08.17(Sun)
けぶりかす
横浜B.B.Street
"ヒカリサス"
w/ Bird Meets Beach, the MDK's, 進藤(仮), SPIRAL
open/18:00 start/18:30
前売\1500+1Drink(¥500)
当日\1800+1Drink(¥500)

2008.08.19(Tue)
けぶりかす
三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
詳細未定

2008.09.18(Thu)
けぶりかす
西荻窪TURNING
詳細未定

>>> Past Live <<<

最新コメント
[01/03 てっぺい]
[01/03 てっぺい]
[01/01 マシーコ]
[01/01 大谷]
[01/01 大谷]
[01/01 241chan]
[12/30 メガ]
プロフィール
HN:
大chan
年齢:
36
HP:
性別:
男性
誕生日:
1981/01/30
職業:
プログラマー
趣味:
音楽、ラーメン二郎
自己紹介:
参加したバンド(サポート含む)
・NIHILISM
・Mis Understanding Man
・Wednesday Babee Sit
・シャーン系
・肉
・ヘルパンダ
・オオタニT (オータニT)
・タジマ&大chan
・けぶりかす
・狂武士
バーコード
ブログ内検索
大chanへメールを送る

チケット予約やライブ告知、
二郎や飲み、カラオケの誘い等に、
以下のメールフォームを御利用下さい。

メールフォーム